就活と宗教


お悩み系人材

宗教と就活って関係ある?

 

もりかわ

これは僕の経験や肌感になってしまうのですが、あると思ってます。

 

解雇になるのか

そもそも既に就業をしていて、その上で宗教を理由に解雇されるのか。

結論としては解雇できないです。

労働基準法3条
使用者は、労働者の国籍、信条又は社会的身分を理由として、賃金、労働時間その他の労働条件について、差別的取扱いをしてはならない。
差別的取扱いを禁止する条項です。

「信条」とは、宗教上の信仰と政治的な信条を意味します。
そして、「その他の労働条件」には、解雇が含まれます。
即ち、宗教上の信仰を理由として、解雇することは認められません。

※外部サイト引用

 

あくまで信仰自体は個人の自由ですので、これを主な理由としては解雇はできないです。

ただ、会社内で執拗に布教活動などしたりしていると服務規律違反で解雇になる場合があります。

 

これは既に就業してる場合になりますが、では就活中ではどうなるか。

 

敬遠する企業?

ここからはあくまで僕の見解になります。

結論から言うと、特定の宗教などに入信してる方とかだとそもそも採用されないケースがあると思います。

こんなことを現役就活カウンセラーが言って大丈夫なのか?とも思うのですがw

こう言ったのは暗黙の了解じゃないけど、闇に埋もれてあると思います。

 

その為、面接やら待合室でのふとした会話から、探られるかもしれません。

中には求職者のSNSを人事がチェックするなんてのも当たり前の時代になっていますので

“見られてる”という意識は持った方が良いですね。

そこに宗教などが発覚した場合に、なにか理由をつけて

お見送りにされるケースはあると思います。

そもそも採用しない、ということですね。

 

 

どこまで調べるか

前提として、”宗教”が理由でお見送りはNGです。

ただ先ほど記載したように、何か理由をつけてお見送りはあります。

企業の中には調査会社を使って個人・個人の周辺を調べるところまであると聞きます。

中には宗教だけでなく、家族が○○党員や○翼の活動家などで

落ちてしまうケースもあったりします。

たとえ、本人が信仰してなくても

活動家じゃないとしても身内が原因でお見送りとなることもあるかもしれません。

ただ、何度も言いましたがそれが理由で落としたとは言いません。

なのですごく難しいラインの話だとは思うのですが

現実的にはこう言った話もあるのかも、程度に思って貰えればと思います。

 

正解はあるのか

先ほどもお伝えしましたが、あくまで僕個人の意見なので

特定の企業を指して言ってるわけではありません。

もはやこんな事言うとあれですが、そういった企業たくさんあると思います。

僕自身、無宗派なので信仰などはしてませんが

とはいえ、宗教という理由だけで落とすのはどうなのか?と思うことはあります。

その反面、企業側の気持ちも何となくわかる気もします。

その為、これが正解!とはいえませんが

ダイバーシティの考えが広まっているこのご時世、

どう変わっていくのか、受け入れていくのか、何も変わらないのか

気になるところです。


 

★寄稿記事
①夢追い人こそ、”就職”せよ!!
②お悩み系人材は悪いことではない
③志望動機における”三種の神器”

★面談希望の方

下記からフォーム入力をして、森川のブログ見て面談希望と言ってもらえたら指名できます〜

こちら!

 

★インタビュー記事

複業の理由

UZUZで働いてる理由

就活アドバイザー芸人

 

★クラウドファンディング

業界初 !?就活アドバイザー芸人~脳ミソ貸してよ~

 

★Twitter

ぜひ、フォローお願いします!

★おじさん

 

★LINE@

ぜひ〜!ゆくるやってます!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です