求人と志望度について


就活エージェントや求人サイトを見ら際に

この求人エントリーしてみよ!っていう基準ってありますか?

また、求人票のどんな部分を見てエントリーするか決めてますか?

今回は求人エントリーのタイミングとやらについて書きます。

 

100%の求人ってある?

その求人を受けるって事は、多少なり志望度があるとか少し興味があるから応募に至ってるのだと思います。

そこで考えてみてほしいのが

どのくらいの志望度で受けるのか。

この話をするときに伝えてるのは

志望度100%の求人なんて無いということです。

ドライかもしれませんが、割と普通なことなのかなとも思います。

こんな事を言うとあれかもですが、僕自身今の会社が自分にとって100%良い!とは思ってないです。笑

どうしても、現在の自分のスキルや市場価値を考えた時に

100%の企業を求めると、無い物ねだりになってしまう可能性があるので

それであればそもそも、100%という定義をしない方がの良いかもです。

 

受けるタイミング

僕が伝えているのは、興味度が60%だったら受けると良いと言ってます。(何をもって60かは自分で決めておけです。)

先程言ったように100%の求人などまあなささいので

それであれば60くらいでエントリーするのが良いです。

大事なのはここからです!

特にエージェント経由で受ける方!

一次選考を受け終わったタイミングで、カウンセラーに志望度60から上がったのか下がったのかを伝えてあげるべきです!

これもできれば、なぜ上がったのか下がったのかを具体的に伝えれると良いです!

これが、「なんとなく」とかだとカウンセラーも企業に推せなかったりします!

反対に、面接受けたら60から50とかに下がった場合も

何がどうなって下がったのか伝えましょう!!

そしたら、その属性を避けて次から別の求人を選定しやすくなるので!

あまりにも下がりすぎた場合は

辞退がオススメです!

既卒や第二新卒層の若手中途は!ですが。

 

この層だと、枠数が多くなく1人、2人のみ採用したいというニーズが企業に多いので

初めから行かない企業であれば時間勿体ないし、何よりそこに時間を割いて行きたかった企業がクローズになるでは本末転倒なので。

 

内定承諾のタイミング

60の法則で求人を受けた後、内定がでた場合についてです。

このタイミングは僕の肌感ですが

80~90くらいまで志望度があるなら承諾して問題ないと思います。

どんなに選考を受けても、100にはならないと思います。

言っても面接しか受けてないので、実際に働いた訳ではないし。

100に置くのはそもそもやめた方がいいです。無いです。

個人的には85くらいで承諾する人が多いと思います。

 

これに関しては、残りの15を諦めるではなく

どうしたらその15%も叶えられる人物になれるか(市場価値/スキル)を考えて働いた方が良いです。


 

★寄稿記事
①夢追い人こそ、”就職”せよ!!
②お悩み系人材は悪いことではない
③志望動機における”三種の神器”

★面談希望の方

下記からフォーム入力をして、森川のブログ見て面談希望と言ってもらえたら指名できます〜



★インタビュー記事

複業の理由

UZUZで働いてる理由

就活アドバイザー芸人

 

 

★Twitter

ぜひ、フォローお願いします!

 

★LINE@

ぜひ〜!ゆくるやってます!