求人サイトのあれこれ


今回は媒体にしたぜ!

就職、転職活動時に一回は登録してるよね?

じゃなくても、求人を見たりしてますよね?

僕も15社くらい登録してます。

転職目的ではなく、単純に情報収集なのですが。。

 

今回は僕から思う、媒体について書きやす〜

※毎度ながら個人の見解なので、そこに”絶対”はないです。参考程度に〜

 

企業視点をもつ

媒体の話の前に、先に伝えたいのですが

就活にせよ転職にせよ、動く際には企業視点を持つように癖付けて欲しいです!

日々、面談をしていて思うのが

自分視点(求職者)は当然持ってるのですが

企業視点を持って活動されている方が少ないように感じます!

それではあかん!

※エセすいません

 

自分以外の視点を持つことは結構大事なことっす。

今から話す、媒体という視点も大事だし

以前話した、エージェント視点も。

(ここから読めます)

 

 

求人サイト~企業視点〜

なぜ、企業が媒体に掲載するのか?

採用したいからに決まってるだろ!!

(はい。。。

 

・希望する雇用形態に応じて掲載できる(ターゲットを絞れる)

・前払制と成果報酬があり、決められる→採用コストを調整できる

・掲載できる採用情報が多い

・自社ホームページとの連携が可能

などなど、もっとありそうですがざっくりこんな感じ。

要は採用したいよ〜と思ってるわけです。

理想は自社のコーポレートサイトからオーガニック(自然検索)で流入したいのですが

特に中小などで難しい場合などは載せますよね。

※オーガニックなんて言葉使いたかったです。w

 

ターゲットを絞るという点ではぶっちゃけエージェントのができる気がするのですが

媒体でもできます。やれ新卒とか中途サイトのように。

ゴールは採用ですが、

ひとまず媒体の果たすべく入り口は母集団形成だと思います。

人事

やべ〜採用しないと〜でも自社のコーポレートサイトからじゃ応募こないよ〜

 

求人サイト

なら私に任せて!御社の訴求ポイントをしっかりと記載しまっせ!

まず応募こないと始まらないでしょ!

 

ざっくりこんな感じで載せてきますww

求人サイト掲載料金の比較

高いと4週間掲載で100万超えも!!

がしかし、予算の関係で全ての企業が一番高いプランも使える訳でないないです。

 

僕のクライアントだとだいたい50~70万くらいのプランで掲載してる

企業が多いです。

でも同業のライバル企業が高いプランで上位表示や、より訴求ポイントをアピールしてるのでは

中々エントリーが集まらないですよね?(金持ちに負ける。。)

 

ってなるのでみんな知恵を絞って頑張ります。

それが次のテーマっす

魔法のような効果

 

人事

載せたのはええが、ライバル企業も多く

これじゃ応募来ないのでは?お金ないよ〜また上に怒れる〜

 

解決マン

取り乱すでない!!

大丈夫、ちょいとエッセンスを加えて魔法を使うのだ。

 

 

そう魔法を使って

ライバル企業よりエントリーを集めるのです。

どのような魔法か

 

それは言葉と印象です。

 

営業などわかりやすいのですが

こんな表記を見たことないですか?

 

・企画営業職

・コンサルティング営業職

・提案営業職

全てではないですが、ぶっちゃけどれもいわゆる営業職です。

これこそ言葉のマジックです!www

別に悪い訳でないと思います。

先ほど言ったように

掲載料金払ってるのですから

ライバル企業に負けるわけにいきません。

 

ただそれを営業職と記載しても

求人映えしませんよね。

これを僕は求人映えと呼びます。w

 

コンサルティング営業と書いた方が集まりそうですよね〜?

 

結果入社したら、

「営業職やん」

いやそうだよ!www

冒頭でも言いましたが

企業視点を持ちましょう。

求人サイトの役割やどういう観点で見るべきか

これを考えるのが大事です。

 

ちょっとした見方を工夫するだけで

良いのです!

 

あ!あと求人サイトでないけど

その中身の給料欄!(手当)の部分も同じ!

 

面談をしてると

家族手当や住宅手当など福利厚生で○○手当がたくさんあるところ

が良いと思ってる方が多いのですが

手当の数が多いと良いという訳でないです。

 

言ってしまえば、手当が多いとなると

おそらく基本給低いですよ、

大体のボーナス賞与は

基本給×○ヶ月分となることが多いので。

・手当たくさんで給料25万(基本給低い)

・手当なしで給料25万(基本給高い)

 

だと基本的には下の方が年収は高いとなる場合が多いです。

給料なども目先の手当だけでなく

年収欄もきちんと見て確認した方が良いです。

 

 

 


 

★寄稿記事
①夢追い人こそ、”就職”せよ!!
②お悩み系人材は悪いことではない
③志望動機における”三種の神器”

★面談希望の方

下記からフォーム入力をして、森川のブログ見て面談希望と言ってもらえたら指名できます〜



★インタビュー記事

複業の理由

UZUZで働いてる理由

就活アドバイザー芸人

 

 

★Twitter

ぜひ、フォローお願いします!

 

★LINE@

ぜひ〜!ゆくるやってます!