話してる内容よりも大切なこと~面接~


お悩み系人材

面接で話す内容をめっちゃ考えて臨んだのに落ちたよ。

どゆこと。

 

もりかわ

。。

実は面接では話してる”内容”よりも大切なことがあるんですよ。

 

お悩み系人材

え?

 

準備

面接の準備って何をしますか?

・経歴の説明をできるように内容確認

・企業/業界研究

・志望動機

これは多くの方が準備してると思うのですが

実際に面接対策で声に出して練習してる人って意外と少ないんですね。

もちろん、自宅で練習しにくいとかあると思うのですが

声に出さないとまず意味がないです!

サッカーの試合があるのに、ずっと戦術確認で

ボールを使った実践練習をしないみたいな感覚です。

 

なぜ、 どれだけ調べてインプットしてもアウトプットできないと

それは”出来る”とは言いません。

メラビアン

アルバート・メラビアンというアメリカの心理学者を知ってますか?

知らねえよ。の声が多いと思うのですが、この人が提唱する法則が面白いのです。

 

メラビアンの法則

人物の第一印象は初めて会った時の3〜5秒で決まり、またその情報のほとんどを「視覚情報」から得ていると言う概念。メラビアンが提唱する概念において、初対面の人物を認識する割合は、「見た目/表情/しぐさ/視線等」の視覚情報が55% 、「声の質/話す速さ/声の大きさ/口調等」の聴覚情報が38%、「言葉そのものの意味/話の内容等。」の言語情報が7%と言われている。

※外部サイト引用

 

なんと、初対面において聞き手に与える影響は

視覚情報が半分以上で聴覚情報が38%、話の内容は僅か7%…

これは面接においても言えることだと思います。

 

みなさんが夜中まで調べた、志望動機や業界研究の内容は僅か

7パーセントしか面接官に影響を与えてないのです。

 

面接に勝つのに55%と7%、どちらをとりますか?

もちろん、内容を捨てろという訳でないですが

そこに重きを置きすぎてるから通過できないのかもしれません。

企業分析や業界研究も大事です。

でもそれは面接で内定を得るために言うのではなく、

入社後に自分がギャップを感じないように、明確な目標を追えるようにするべきだと思います。

 

 

面接の際の参考にしてください。

 

 

 

 


 

★寄稿記事
①夢追い人こそ、”就職”せよ!!
②お悩み系人材は悪いことではない
③志望動機における”三種の神器”

★面談希望の方

下記からフォーム入力をして、森川のブログ見て面談希望と言ってもらえたら指名できます〜

こちら!

 

★インタビュー記事

複業の理由

UZUZで働いてる理由

就活アドバイザー芸人

 

★クラウドファンディング

業界初 !?就活アドバイザー芸人~脳ミソ貸してよ~

 

★Twitter

ぜひ、フォローお願いします!

★おじさん

 

★LINE@

ぜひ〜!ゆくるやってます!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です