退職理由のコツ


今回は面接編!

第二新卒の方や早期離職の人なんかが当てはまると思います!

面接でうまく、退職理由が言えない。。。

そんな方に読んで欲しいです!

あくまで僕の所感なのでそこに絶対はないです。

 

 

具体的に

短期離職の場合、環境系を理由に退職してる人が多いです。

・残業時間

・人間関係

・休日出勤

など。

ちなみに現在の月間平均残業時間は30~40時間と言われてます。

※職種によって変わります

実際、僕も面談をしていて

残業だけで100時間ほどしてる人もいました。。

※その人は飲食業だった

 

過労死基準などありますね。

100時間を超える、または、2~6か月間にわたりだいたい80時間を超える

 

その人はまさにこのラインでした。

 

今現在は無事に転職して、新たなキャリアをスタートしてます。

しかし、彼もまた伝え方の問題で苦戦をしました。

 

というのも面接で、退職理由は

「残業が長いから」と答えていたそうです。

もちろん、100時間なんてとてつもなく長いのですが

具体的な指標がないと伝わらないというのが本音です。

 

人事からすれば、残業が長いというのは何時間?人によって変わるよね?ってなってしまうので

こういう例は具体的に○○時間と伝えた方が良いです。

参考までに

退職理由としては、長期的な就業が難しいと考えた為です。

私の職場では、時間外労働が月に100時間ほどあったのに加えて、人手不足の関係で休日出勤などもありました。

もちろん、自分で決めた職場でしたので

食らい付いて頑張っていきたいと思って過していたのですが、正直、その反面辛いとも思ってしまいました。

若いうちは大丈夫なのですが、この環境でこの先5年、10年と働いて行くと考えたときに

将来やっていけるか、と率直に不安になってしまいました。

こうした理由から長期的な就業は難しいのではないかと考え

退職を決めました。

とはいえ、少なくとも自身の業界研究や企業研究が足りてなかった点もあると考えており、

そこがしっかり出来ていればそもそも、この離職を防げた可能性もあったと思うので

現在は反省をして、同じことを繰り返さないように、業界研究をしっかりした上で転職活動をしております。

 

的な。

これで落ちたら、スマン!!w

伝えたいのは、

・”時間”などは具体的に

・感情ベースでいいので素直な所感

・自分の非も認める

→他責すぎるのはだめ!

 

が大事かな〜

と思います。

 

同情

少し、テクニカルな部分になりますが

相手に”同情”してもらうことは結構重要です。

例えば、退職理由をいった時に

「それって甘くない?」って思われたら

当然ダメですw

 

逆に

「あ〜それは大変だったね」と言われたら、しっかりと伝わってる(同情されてる)ので

良いかも!

 

とはいえ、内容を盛りすぎるとか嘘は良くないですが。

 

デリケートなことだからこそ、しっかりと考えて

伝えてくださいね〜!!

 

 

 

 


 

★寄稿記事
①夢追い人こそ、”就職”せよ!!
②お悩み系人材は悪いことではない
③志望動機における”三種の神器”

★面談希望の方

下記からフォーム入力をして、森川のブログ見て面談希望と言ってもらえたら指名できます〜



★インタビュー記事

複業の理由

UZUZで働いてる理由

就活アドバイザー芸人

 

 

★Twitter

ぜひ、フォローお願いします!

 

★LINE@

ぜひ〜!ゆくるやってます!