もう数撃ちゃ当たる様なマシンガン就活は辞めよう/既卒の就活


お悩み系人材

卒業してからずっとフリーターしてました。年齢の事もあるので、とりあえず片っ端から求人を受けようと思います。

 

もりかわ

え、軸も決めずにですか?内定獲得だけがゴールになっていませんか〜?

そのやり方だとその後の定着に不安を覚えます。。

 

お悩み系人材

え、まずは内定を獲得しないと始まらないかな〜と思って。

 

もりかわ

なんか本質からズレてる気がする…内定を獲得してスタートラインに立つのは大事ですが、適当に決めてすぐ辞めてしまったら悲しく無いですか〜?

ゴールが内定だけになってないませんか?

片っ端から受けるマシンガン就活は危険かも!?

 

フリーター就活のあるあるです。

既卒の就活の市場について普段現場でカウンセリングをしてる私の立場から解説します!

既卒の就活で受ける企業数は5社〜6社が平均!

以前、既卒の就活についての記事を書いたので

詳しくは下記を参照下さい。

既卒の就活って何か変わるの?Part1

結論から言うと、平均選考社数は約5社ほどになります。

新卒の就活と違って受ける社数が少ない分、より軸の選定が大事になると考えています。

ここでいう軸は一旦、職種における軸とします。

※既卒の就活ではいわゆる欠員補充と言う形が多いので、総合職ではなくもうポジションが決まってるパターンが多いです。

 

なので軸も決めずにバーッと数を受けても、明確な軸がない為に(決め手がないので)決めれないと方が多いです。



焦りと経歴に負い目を感じる

軸の大切さを伝えても、マシンガン就活をしてしまう人がいます。

焦りと自分が正社員じゃないというこの期間を負い目に感じてしまうからだと思います。

気持ちはわかります。

お悩み系人材

お前、マシンガン就活とか変にオリジナリティーを出してくる割にはアイキャッチ画像はマシンガンじゃないのかよ!!!

 

もりかわ

マシンガン無かったんだよ。

 

早く周りに追いつきたい、何もしてないと言うステータスから抜け出したい気持ちが先行するのが

マシンガン就活の始まりだと思っております。

当然、軸を決めた上でスピード感を持って就活するのは全然良い事だと思います。

欠員補充だからこそ、中途の既卒枠だと決まり次第クローズとなってしまうので。

ダメなのは何も考えずにマシンガン就活を始めちゃう事です。

 

エージェントにも気を付けた方がいい

自分でマシンガン就活をしなくても、第三者に言われてマシンガン就活をしてしまう人もいます。

それは悲しいですが、エージェント経由の就活でもある事です。

以前、就活エージェントの良し悪しについて書いたのでぜひ(エージェントの裏側)も合わせてお読みください。

特に業種も業界もバラバラな求人を一度に10社とか一気に持ってくるカウンセラーには注意です。

単にノルマの一部として接しているかもしれません。

 

大事なのは内定を獲得する事ではなく、キャリアが積める事

マシンガン就活の特徴は入社後のキャリアを考えず、闇雲にひたすらに選考を受け続けることを指します。

当然ながら焦って適当に決めて、蓋を開けたら1ヶ月で辞めました、では大事なキャリアに傷が付いてしまいます。

もしかしたら次の就活で不利になってしまうかもしれません。

その焦りを情報収集や業界研究にエネルギーを使いましょう。

戦略なく面接の数だけ受けまくるのは

何も考えずにただひたすら飛び込みで営業してるようなもんです。

数字取れる人は飛び込みしながらでも考えますし、事前に策を練ってるはずです。

もっと大事に自分のキャリアと向き合ってほしいですし、大切にしもらいたいです。

 


にほんブログ村 就職バイトブログ 既卒者の就職・就職活動へ
にほんブログ村

★面談希望の方

下記から、フォーム入力をして森川のブログを見て面談希望と言ってもらえたら指名できます〜!

 

★寄稿記事
①夢追い人こそ、”就職”せよ!!
②お悩み系人材は悪いことではない
③志望動機における”三種の神器”

 

★インタビュー記事

複業の理由

UZUZで働いてる理由

就活アドバイザー芸人

 

 

★Twitter

ぜひ、フォローお願いします!

 

★LINE@

ぜひ〜!ゆくるやってます!