既卒の就活って何か変わるの?Part2


前回に続き、既卒の就活について書きます。Part2!

ちなみに前回のまだ読んでないって方はぜひ!

既卒の就活Part1

 

求職者

なんでわざわざPart2にしたんだよ!一回でまとめておけよ!

 

もりかわ

しょうがないよ、眠かったんだもん。。

 

求人数が減る?

これは大きいですよね。。。

ざっくりですが

新卒の人が100社受けられるとしたら、既卒の人が受けられる会社数はなんと24社になります。

なぜ減るのかと言うと、まずいわゆる大手の企業が減ります。

もちろん、新卒採用で既卒として再挑戦するということもできますが

今回は既卒中途で想定してるのでお願いします。

既卒中途で大手が採用しない理由としては簡単で

「新卒採用がうまく行ってるから、わざわざ中途で既卒を採用する必要がない」

と言うことなんです!

新卒で未経験の若手を採用して、若返りと育成を図るのに対して中途では即戦力を補強して組織の地力を強化するのが一般的です。

昨今の売り手市場で

新卒採用が芳しくないという企業は

別ですが、人気のある大手では十分に採用できてます。

新卒採用で100人募集で200人集まる企業は

困ることがないってことです!

どうしても大手がいいという方は

新卒枠で受けるとよいかもです。

※なんで大手が良いのかというのも考えた方が良いですが

 

鬼ようなスピード感

鬼っていうとネガティブに聞こえるかもしれませんが

そう言う意図はないです。僕の語彙力の問題っすw

先ほど少し言いましたが

既卒の若手採用を行う企業というのは

新卒採用がうまくできてないor新卒がすぐに辞めてしまったなどが代表的です。

簡単にいうと

欠員補充のような感じです。

つまり、急いでるのです。

なるべく早く入社をしてもらって、教育し

利益を出して欲しいと思ってるのです。

そのため、平均的に既卒の就活は

・1〜1.5ヶ月でおわる

・内定承諾期間は7日間態度

・受ける会社数は5〜6社ほど

上記のような感じです。

やはり欠員補充の為、企業としても早く確保したい、あるいは繁忙期を避けて採用し教育をしたいという理由でスピード感を求めます。

特に受ける求人の数なんて新卒と比べたら

すごい少ないですよね。

 

あくまでも平均なのでそれよりも多く受ける場合もありますが順調に進めてればそのくらいの数になると思います。

内定承諾期限が1週間しかない為、内定を取ってから物理的に15社〜20社と受けるのが難しいというのが理由です。

なので、既卒で動く場合は職種軸をしっかり定めておいた方が良いです。

総合職はない

って言い方をすると良くないですね。w

厳密には少ないが正しいです。

欠員補充の為、ポジションが明確になってる場合はが多いのです。

そして5〜6社で終了してしまう既卒就活なので

職種軸をしっかり定める必要があるのです。

おそらく決めずに様々な職種を受けてしまうと

決める際に多分困りますよね?

そう言う人は坂が定まってないので5社では少ないし、

多分10社受けても選択肢が多すぎてまようはずです。

なので片っ端から求人を受けるのではなく、職種軸を定めておくと良いかもです。

求職者

・スピード感が早い

→つまり、入社希望時期が来年とかだとすぐ動かない方がいいってことね?

・職種軸

→ポジション毎の採用だから自分で軸を決めておくといいのね

 

もりかわ

そうです!特別な理由がない限りは早く就職した方が良いかもね!

空白期間が多いと説明も大変だと思うので〜

 

終わり

 

 

 


 

★寄稿記事
①夢追い人こそ、”就職”せよ!!
②お悩み系人材は悪いことではない
③志望動機における”三種の神器”

★面談希望の方

下記からフォーム入力をして、森川のブログ見て面談希望と言ってもらえたら指名できます〜



★インタビュー記事

複業の理由

UZUZで働いてる理由

就活アドバイザー芸人

 

 

★Twitter

ぜひ、フォローお願いします!

 

★LINE@

ぜひ〜!ゆくるやってます!