とりあえず3年働く。え、なんで3年なの?


新卒や既卒で就職した際に

3年間は何があってもしっかりと働くんだよ!ってアドバイスをしてる話が電車内で聞こえました。

一応、人様のキャリア支援をしてる身として考えてみる。

 

 

 

 

 

。。。。。

 

 

 

別に3年ってルールはなくね?

と思いましたww

 

石の上にも三年とは仕事にも正しいのか?

考えみよ

 

不利説

なんで3年なんだろうと考えた時によく言われるのが

・3年以内だと早期離職のカテゴリーとなり転職が不利になる

ってありますよね。

これ、本当にそうかな?とちょっと疑ってます。

本当に仕事できる人orしっかりとやってきた人は

2年でも転職できるだろうし、1年半でもできると思います。

これって普通に考えたらそうですよね。

じゃあなぜ、3年なんて基準があるんだろ?

 

これを今度は企業側の視点で考えてみます!

 

採用は投資

企業が社員を雇用するのにも当然、コストがかかります。

ではどのくらいかかるのか?

  • 採用にかかる費用
  • 研修・教育にかかる費用
  • 毎月の給与
  • 住宅手当などの福利厚生費
  • 社会保険料の会社負担分
  • 業務に使用する機器のリース代など
  • 退職金の積み立て
  • 間接部門の費用(人件費)

※外部サイト参照

う〜ん結構かかりそう。

明確な数字は採用ポジションや企業によって変わりますが

中小企業などでは

新卒1人の給料<雇ってからのランニングコスト

となっています。

 

つまり、最初のうちは

ほどんどの新人さんが居るだけで赤字というわけです。

※能力云々より、間接部門の人の給料や社会保険料など諸々あるので仕方ない部分が多いです。

 

つまり、企業からすると

採用とは投資だと言いたくなるわけです。

 

統計的に

その投資を回収できるのが

おおよそ、入社してから3年後というわけです。

 

あれ?

じゃあ

・3年以内だと早期離職のカテゴリーとなり転職が不利になる

 

これは?

 

あくまでもこれは僕の意見ですが

とりあえず3年というのは

経営者側の言葉かもですね。

求職者が短期離職として不利になるのではなく、

経営者にとっては、新入社員に最低でも3年いてもらわないと困る訳です。

企業側の気持ちわかります。

3年やる?

ではどうするか。。

なんとなく、”とりあえず3年”の意味がわかってきました。

じゃあ、企業の為に3年は絶対いるべきか?

それも違うと思います。

自分のキャリアですから、どこでチャンスが転がってくるか

わかりません。

それに新人社員みんなが3年経たないと投資額を回収できないかと

言われるとそれも違うと思います。

もっと早く回収できるような優秀な人もいるでしょう。

 

こればかしは

どっちが正解とかないので

雇ってもらった義理もあると思うので

しっかりと考えた上で意思決定すると良いでしょう。

 

ちなみに

僕の意見ですが

3年もいたら居心地が良くなって転職が怖くなる

と思ってます。

 

まあ当然ながらそのくらい

いるとある程度キャラも定着して

業務も問題なく取り組めている頃だと思うので

ちょっと新しい環境に飛び込むのが億劫になるかもしれません。

 

なのでご自身でも考えてみると良いです。

 

ちなみに僕は転職ではないですが

本業とは別に新しいことに取り組んでます!

・地方創生

・NPOor法人を立ち上げ準備中

引き続き、就活アドバイザー芸人の活動

 

などなど、転職だけが全てではないし

すぐに辞めるのはリスクだと思うので

パラレルで他のことも並行してやってみて

転職とかも良いかもですね!

では、また!

 


にほんブログ村 就職バイトブログ 既卒者の就職・就職活動へ
にほんブログ村

★面談希望の方

下記から、フォーム入力をして森川のブログ見て面談希望と言ってもらえたら指名できます〜

 

★寄稿記事
①夢追い人こそ、”就職”せよ!!
②お悩み系人材は悪いことではない
③志望動機における”三種の神器”

 

★インタビュー記事

複業の理由

UZUZで働いてる理由

就活アドバイザー芸人

 

 

★Twitter

ぜひ、フォローお願いします!

 

★LINE@

ぜひ〜!ゆくるやってます!