就職はやりたいことが一番大事?


質問箱で以前下記の様にきました。

高卒か大卒かは関係ないですが、上記のように伝えました。

・やりたいこと

・向いてること

上記が若年層のキャリア形成において本当に大切か、僕なりの考えをまとめます!

 

やりたい事と無い物ねだり

過去にこんな記事を寄稿しました。

お悩み系人材は悪いことではない

キャリアについて

普段、面談をしていると「何がしたいのわからない」「何ができるのかわかない」と悩んでる人が多いのですが

それらは決して悪くないと言う事を書いてます。

ぜひ読んでみてください!

 

求職者

おい宣伝かよ!

 

もりかわ

関連する記事だし、いいじゃん!!

 

ちなみに

僕は仕事にやりたい事や、興味があると言う点はあまり考えていないです。

特に若いうちはという事なのですが。

 

特に20代だと年齢も若く、比較的経験がないので

その仕事が本当に向いてるか、自分のキャリアにとって適職かはすぐに判断ができないと思います。

何なら若いうちであれば、苦手なことでも十分に克服が出来るのではないかと思ってます。

「やりたい事」も同じで、若くて比較的に経験がないので今時点で持っているスキルが少ないと思います。

その状態でやりたい事を大きく掲げても、無い物ねだりになってしまう可能性があります。

目標があることは素晴らしいのですが、それらをいつ叶えたいか

どうすれば叶うかをしっかりと理解しておく事が重要だと思います。

スキルは横に広げていく

僕が働く上で重視してるのは、仕事(スキル)の幅を広げるという点です!

僕的には、現段階で目標は無くても良いと思っています。

もちろんあっても全然良いのですが!

無い人が敢えて今すぐに無理やり作る必要はないと、言う事を伝えたいのです。

特に若いうちは、色んな人から刺激を受けて沢山のことをインプットできる時期だと思うので

日々新しい情報や新しいくスキルと言うのが習得がしやすいと思っています。

そして、きる事が増えると言うことはステップアップしてる証なので

当然、キャリアにおける選択肢というのが増えます。

僕自身はやりたい事をするよりも、出来ることを増やそうとしています。

すぐにやりたい事や目標が無い人は、まずはスキルを横に広げる(色々とやれる)仕事を選んでみると良いかもです。

 

そしたら、やりたい事が見つかった時に

必要なスキルがあるから臆することなく挑戦できる、となるかもしれません。

 

求職者

できる事が増えて、ステップアップして行けば選択肢が増える。

まあ当たり前だけど、なるほどってなったわ。

 

もりかわ

ビルの一階から見える景色と最上階から見える景色ってかわるよね?

ステップアップして今いるステージから上に上がれば当然景色(選択肢増える)が変わるので

ある意味、どんどんやりたい事が変わってしまうかもしれないの!

でもそれは決して悪いことでは無いと思う。

そのスキルがあるお陰で、この選択肢に決めることができた、となれるので!

 

もちろん、人間なので感情面に左右される事があります。

最低限の興味や楽しさが無いと、仕事が出来ないかもしれませんが

あまりにもそこだけに重きを置いてる方が多いと感じます。

どうか無い物ねだりにならないように楽しんでください。

 


にほんブログ村 就職バイトブログ 既卒者の就職・就職活動へ
にほんブログ村

★面談希望の方

下記から、フォーム入力をして森川のブログ見て面談希望と言ってもらえたら指名できます〜

 

★寄稿記事
①夢追い人こそ、”就職”せよ!!
②お悩み系人材は悪いことではない
③志望動機における”三種の神器”

 

★インタビュー記事

複業の理由

UZUZで働いてる理由

就活アドバイザー芸人

 

 

★Twitter

ぜひ、フォローお願いします!

 

★LINE@

ぜひ〜!ゆくるやってます!