未経験からIT業界へ。〜SE・PG編〜


 

お悩み系人材

最近、IT業界で未経験歓迎って求人を目にする事が多いのだけど

本当にできる〜?

 

ITザウルス

お!良い質問ダナア〜。そのしらべるっちゅう一歩が大事ザウルス。

 

ITにおいて職種を理解しよう

 

ITザウルス

よいか。IT系職種は大きく分けて

・システムエンジニア(SE)やプログラマ(PG)などの「エンジニア」
・ITコンサルタント、セールスエンジニアなどの「営業・コンサル」
・プロジェクトマネージャーやプロジェクトマネージャーなどの「マネジメント」
の3つに分類できるザウルス。

厳密にはまだいくつかあるが、ざっくりでいくザウルス〜。

お悩み系人材

イメージとしては手に職が付けたいと思っていたからエンジニア?がいいかも。

 

ITザウルス

了解!では今回はSE・PGいくザウルス〜!!

 

エンジニアも種類がたくさん

 

・システムエンジニア(SE)

システムの設計、プログラミング、テスト、保守や運用などシステム開発に関わる一連の業務全てを幅広く行うのがSE。

ただシステム開発をするのではなく、社外のクライアントへのヒアリングから、クライアントの要望を読み取り、設計書を作成、さらにその内容を関係するプログラマに伝えることも業務範囲に含まれる。そのため、プログラミングスキルだけでなく設計図の作成能力、クライアントの業務理解力、コミュニケーション力も必要とされる職種です!

システムエンジニアになるために必要な必須資格はありませんが、「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」などは、データベースやネットワークの仕組みなど、システム開発に関する基本的・応用的な知識を習得していることを証明する資格として役立ちます。必要なプログラミングスキルについては、企業や担当プロジェクト、業務内容によって異なるため、募集時に確認する必要があります。

 

ITザウルス

エンジニアと聞くと一般的に理系のイメージを持ちガチだが、中にはコミュニケーション力や読解力が必要になるものもあり、文系出身者の活躍も近年増えているザウルス!

 

 

・プログラマー(PG)

プログラマーの仕事の基本は、プログラムの作成です!

「Java」「Python」「Ruby」「PHP」「JavaScript」などのプログラミング言語を使ってプログラムを組んでいきます。

プログラムを組み終えたら、動作確認・テストを行います。

プログラムが正しく動作するかどうかや、仕様通りに仕上がっているかをチェックする工程です。

動作が正確でない場合は、適宜修正を行います。

テストについてはプログラマーではなくシステムエンジニアに任せるケースもあるようです。

 

次のページ:未経験にオススメの勉強ツール